イヤレスパワーコンソーシアム(WirelessPowerConsortium)最新のディスプレ

情報ワイヤレスパワーコンソーシアム(WirelessPowerConsortium)最新のディスプレイのための公式ウェブサイトによると、Appleの情報は、携帯電話や携帯電話の付属品と2つの主要な部分に関連している含まれています。 WPCの使命は改善し、標準チーワイヤレス充電促進することであるので、アップルの添加はまた、一方の側から確認しているため、Appleはワイヤレス充電技術の将来を使用したもの、「異なる」ではありませんが、他のブランド無線充電のためのチー同じ基準。 iPhone7エルメス Appleが正式にWPCワイヤレスパワーコンソーシアムが重要である加入もちろん、サムスンマイクロソフトノキアと他のブランドの後に、スマートデバイス上のチーワイヤレス充電技術を促進するための努力を惜しまないされているが、業界全体はまだぬるいです。だから、Appleは間違いなく注目のワイヤレス充電など、市場の大きな変化、充電全体無線のために追加ませんもたらすでしょう。 ルイヴィトンiphone7ケースこの時、関連チップのメーカー、ファンドリーやサードパーティ製のアクセサリーの出荷や爆発的な成長をするので、業界全体の発展を促進します。 ワイヤレス充電クレードルプッシュ AppleがWPCワイヤレスパワーコンソーシアムを追加しましたが、次の世代のiPhoneは、この新しい機能を追加されますが、少なくともAppleが次世代iPhoneを作ることになることを意味するか、そうワイヤレス充電技術をサポートしていない、ということに言及する価値があります。 シャネルiphone7ケースワイヤレス充電ベースのディスクデザイン特許しばらく暴露過去アップル、特許請求のユーザーはまた、部分的に確認されているようで、Appleが伝え円盤状のベースブラケット許容可能な外観、折り畳み式携帯電話の設計および使用を開始しますワイヤレス充電ベース上に立つことができ、それは非常に美しくなります。 友人によると同時には行うには工場全体のテストは、ワイヤレス充電機能を取る持っているが、ワイヤレス充電ベースディスクを利用することができ不可能ものの、と相まって、非常に成功しているワイヤレス充電をテストすることです、ニュースが言っていた壊れた携帯電話の内蔵無線モジュールは、充電を完了します。 シャネルiphone8 ケース フルサポートワイヤレス充電システム 以前に提出され、よく知られているアナリストクオ明プールのレポートによると、Appleは3新しいiPhoneを起動します今年ガラスボディデザインで作られた、およびシステム全体がワイヤレス充電をサポートしています。しかし、次世代iPhoneの3Dタッチモジュールは、3Dタッチモジュールの過熱を避けるために、グラファイトシート有益な冷却に追加されますので、不利な電話を冷却ワイヤレス充電の問題を持つガラスキャビネット以降は正常に機能していません。 ディオールiphone7ケース これは、iPhone 7S 4.7インチと5.5インチのiPhone 7Sプラス伝説のiPhoneの第十周年を含め、次世代iPhoneのモデルことが報告され、航空機がiPhone 8またはiPhone X.命名することができるという噂があります同時に、友人によると、タッチスクリーンで、iPhone Xは今年新しいiPhoneの生産の5%を占めるようになる、というニュースを破った128ギガバイトの記憶容量が開始され、256ギガバイトのバージョンを提供します、いわゆる512ギガバイトが校正されているが、5.13インチでありますまだiPhone 7Sと7S Plusは価格を引き下げると白のバージョンを増加させるとして、それは、起動するかどうかを確認していません。これは、今年のAppleiPhoneの誕生10周年のために今年与えられた、LCD画面を使用しますiPhone 7SとiPhone 7Sプラスを導入していることが報告され、一部のアナリストは、AppleiPhoneは、フェラーリ8のコードを準備することを信じて、この特別版になりますOLED画面上の構成。 シャネルiphone8 ケースおそらく、2018年には、iPhoneのすべては、OLEDディスプレイ上に設定されます。 しかし、今年はiPhone 8は、サムスンのOLEDディスプレイを使用し、2018年末までに、アップルやサムスンの技術に依存していてシャープのOLED生産ラインは、生産に入れて2019まで待機する必要があります提供しています。 ルイヴィトンiphone7ケース 世界のiPhoneの半分はiPhoneは、ある程度、一緒OLEDスクリーンの組立工場で、鄭州にあるFoxconnの工場で生まれているので、シャープ農産物OLEDディスプレイ最も可能性の高い新しいiPhoneで使用されます、他の競合他社に対する優位性を得るために、輸送コストを排除することに。 また、日本堺ディスプレイプロダクト(SDP、テリー?グー、Foxconnの会長とシャープが株主です)OLEDパイロット生産ラインを構築していて、来年生産を開始する予定ですが、これは生産ラインがシャープOLED生産能力を決定する結果。 ルイヴィトンiphone7ケース